Drinks

フルーツポンチではなく、フルーツパンチ!プロムパーティの定番ドリンク

2016/07/14

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

私が小さい頃に、行事ごとなどで出されていたフルーツポンチは、三ツ矢サイダーにフルーツが入れられたものでした。特にゴージャスなわけでもないのですが、なぜだか特別感があって大好きだったのを思い出します。

ところ変わってアメリカでは、高校生の定番パーティであるプロムで、フルーツポンチもといフルーツパンチがよく飲まれていますね。例えば映画バック・トゥー・ザ・フューチャーでも、ダンスパーティーで飲まれていました。
この写真のように、パンチは大抵赤いですよね。何が入っているんでしょう?

フルーツパンチの定義

調べてみると、

パンチとは、飲み物を混ぜ合わせたもので、通常果実または果汁が入っており、アルコールを含むものと含まないものがある。17世紀初頭にインドからイギリスに伝えられ、その後ほかの国にも広がった。パンチは通常パンチボウルと呼ばれる口の広い大きなボウルに入れられパーティーで出される。サングリアもパンチの一種である。ーwikipediaを合衆国料理研究所が翻訳

とのこと。
パーティーで出されるパンチの決まったレシピはどうやら無いようですが、バーボンが入った南部で親しまれているサウザン・バーボン・パンチなどバリエーションは様々。でも、研究所が気になるのは、あくまであの毒々しい色をしたパンチ。アメリカ映画のパーティー・シーンになくてはならない、悪ガキがこっそりとお酒を入れてしまう、あの赤い飲み物なのです。

いろいろなレシピを探ってみると、

  • オレンジやパイナップルなどのフルーツジュース
  • レモネード
  • スプライトやジンジャーエールなどの炭酸飲料

の組み合わせが基本のようです。で、まれにレシピにのっているのがかわいい顔がラベルのの毒々しいやつ。クール・エイドです。
ボトルに入った、すでにパンチとして味のついたドリンク、または粉末のものがあり、どちらもポピュラーなものです。ほかにもさまざまはフレイバーはありますが、クール・エイドといえば真っ赤なパンチ味!健康志向に変わってきてるアメリカではありますが、もちろん大手のスーパーで売っていないところまずないはずです。
ちなみに、日本でも似たようなものはあります。水に溶かしてドリンクとしてのむ袋に入った粉末。駄菓子屋に行けば必ず売ってるあれです。

と、脱線しましたが、皆さんも自分なりのレシピで暑い夏にぴったりのパンチを作ってパーティーを盛り上げましょう。もし、クール・エイドが手に入ったら、使ってみるのもいいでしょう。でも、「お砂糖たっぷりのドリンクはちょっと」という方に、なかなか簡単でいいレシピを見つけました。

クランベリー・パイナップル・パンチ

クランベリージュース 1L
パイナップルジュース 1.5L
冷やしたジンジャーエール 500ml
冷やした炭酸 500ml
氷 適量
あれば飾り用のパイナップル

材料をすべてパンチボウルに入れてサーブ
ーhttp://www.epicurious.comより抜粋、合衆国料理研究所翻訳・分量編集

クランベリーを使えば、赤い色は保ちつつ甘さ控えめで大人なパンチが作れます。スライスしたライムやレモン、ブルーベリーなどのベリー系の果実を入れるアレンジもいいかもしれませんね。BBQなどの食事とも合うこと間違いなし!

-Drinks