Drinks sweets

セブンイレブンの夏の風物詩ー日本はアイスやかき氷!ではアメリカでは?

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

最近巷ではセブンイレブンのアイスセレクションがすごい!と噂のようですね。かく言う研究所も、すでに「ティラミス氷」、「まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー」にコールドストーン・クリーマリーの「トロピック・マンゴ・アンニン」は試し済み。まだまだセブンイレブンには人気のアイスが沢山あるみたいなので、今年の夏は片っ端から試してみたいと意気込んでおります!

アメリカではドラマ「Glee」でおなじみの❝あれ❞が人気

ところ変わってアメリカのセブンイレブンの夏の風物詩といえばやはり「Slurpee-スラーピー」!(先日のセブンイレブンの日(7/11)には、米セブンイレブンで無料で配られていたとのこと!うらやましい。)
スラーピーはスラッシーといわれるフローズンドリンクの仲間で、炭酸ドリンクをフローズンドリンクにしているのが特徴的で、セブンイレブンのみで販売されています。※ちなみにslurpとは「ずるずるとすする」という意味なので、そこからスラーピーという名前が付いたようです。
スラッシーというと人気海外ドラマ「Gleeーグリー」で、主人公たちが同級生によくひっかけられていたあのドリンクですね。出演者たちが「あれはきつかった」とインタビューで言っていたのを思い出します。そりゃそうですよね。ただのドリンクじゃなくてフローズンなうえにバシャりと投げつけられているわけですからね。

と、話がそれましたが(注:当研究所所長はかなりの海外ドラマ好き)、このスラッシーという飲み物、セブンイレブンが扱っているスラーピーに加えてもう一つ、人気のブランドがあります。それは、「ICEE-アイシー」です。私事ですがアイシーのほうがロゴデザインは好きです。ちなみに、アイシーとスラーピーはフレーバーはそれぞれ独自ではあるものの、実は厳密にいうと同じものです。というのも、セブンイレブンが1965年にアイシーの会社と「別の名前を使う」ことと、「セブンイレブンの店舗でのみ販売する」という二点を条件にライセンス契約を結び、翌年から販売を開始したのがスラーピーの始まりなのです。

日本でもスラーピーが飲める?

ということで、スラーピーは今年で50周年。それをお祝いしてか、スラーピー・フィフティーという特設ウェブサイトまでお目見えしています。かなりカラフルでポップなサイトなので、見ているだけでも楽しくなります。
サイトをいろいろ見ていたら、とっても気になるスラーピー関連商品を発見!

スラーピー味のポッピングキャンディー!あのドン・パッチのことですよ!口の中でパチパチはじけるキャンディーがスラーピー味?まあ、ただ名前を冠しただけの普通のパチパチキャンディーなのでしょうが、とっても気になっております。

ちなみに、さすがに日本からはオーダーできませんが、50周年特設サイトではオリジナルシャツなども販売しているようです。
さらにちなみに、アイシーも地味ながらグッズ販売サイトがあって。なかなかアメリカンな感じの商品が並んでます。このサイトの商品は一応国際便に対応しているみたいです。

ところで、ここまで読んで「スラーピー飲んでみたい!」と思いましたよね?
実は日本でも試験的に店舗数限定で販売されているようなのです。現在はセブンイレブンの公式サイトに何も情報が載っていませんが、ここ数日中にインスタグラムに日本で購入して飲んでいる投稿が上がっているので(2016年7月14日時点)、おそらく今現在も販売店はあるようです。全国のスラーピーが飲める店舗を紹介している地図サイトも存在しているみたいですので、近くにあるか調べてみるのもいいかもしれませんね。

ではでは、頭をキーンといわせながら、冷たいものを頬張って暑い夏を乗り切りましょう!

-Drinks, sweets